2007年2月3日/大塚RED ZONE

URA HEAD PARKナイス街の悪夢

まずはいつもどーりにパーク長の気合い入れの1発から☆

URA HEAD PARKのプロローグの後、幕が開くのだけど、幕が引っかかってしまって始まったあともしばし幕が開かないプチトラブル。
ライブはそのままつづく。
ブラックマイクマンが中央で後ろを向いたまま、
「俺たちがウーラヘッドパークだーーー!」と大きな声を張り上げる。

メリーゴーランド
グルグルTONIGHT
ブラックマイクマンのテーマ
ロンリースター
さくら
ED

今回は私の居場所があまり良くなくて、前半からずっと上手(特にパーク長)がほとんど見えないままライブが進みました。
特に後半は完全に見えなくなり、無事にずっと見えていたのはスッシーだけという事態に。^^;

横浜でレスポールだったスッシー。
今日はまた赤のストラトに戻りました。

ブラックマイクマンのテーマ
今回URAで初めて会場ネタのポージング。
「大塚RED ZONE」の名前に合わせて「O・R・Z」。
「R」のポーズが難しくって、ブラックマイクマンは一応片足を斜めに持ち上げてたらしいんだけど、その頑張りむなしく、ほとんどの人には見えていませんでした。(勿論私からも)
「Z」のとこでも手の向きがどっちかで悩む会場。
ブラックマイクマンが正しくはこっち!とポーズ。
「反対だと「シェー(おそ松くんのイヤミ)」になっちゃうでしょ!」って言う。
URAでもMICのテーマは他バンドファンの反応が良いような気がする。^^

このO・R・Zの解説中、フロント中央前に迫り出すブラックマイクマンとは対象に後ろに引き下がるギター隊。
(後ろに下がってくれたので、ここではパーク長の姿もちゃんと見えた。)
パーク長が先行で普段弾かない流れの演奏をバックで続けるとスッシーもパーク長を見て同じように弾いてたんだけど、弾き慣れてないものらしくって、パーク長をちょくちょく見つつ、自分の手元も気にしつつで、顔もかなり固い表情で頑張ってました。

多くはブラックマイクマンに注目がいく場面だったと思うし、普段だったら私もマイクマンを見てたかもなんだけど、なにせスッシーがよく見える日だったので、そういう影なる努力を垣間見ました。^^

でもスッシーも頑張ってくれたおかげで、ブラックマイクマンのテーマも途中のブレイクにかかわらずピシッとかっこいい流れになってました。

ロンリースターは前回まで早過ぎだったので、今回は少し落ち着く~。(笑)

さくらではスッシーが「黒い花びらが~」という前振りでの演奏でした。

最初はいつも通りにスッシーの挨拶から始まり、ブラックマイクマンを紹介。

ブラックマイクマンはまた邪悪モードな顔つきで、舌なめずり(笑)しながら、「お前達の唇を奪いにいくぞー」と言って、近くのお客さんや、パーク長に襲いかかっていました。
ところどころでBマイクさんにめっちゃ襲われて、イヤがりまくってるパーク長。(笑)

横浜につづき、Bマイクさんはひじょーに攻撃的でした。(笑)
(そんなマイクさんをカワイイなーと思う私。(笑))

途中(最初のMC?)では、今日は節分という事で、メンバーが小袋入りの豆を会場に投げつける。(笑)
あとでパーク長が「お客さんに投げたって事は、お客さんが鬼??」って言って、失礼だな~って話。

ブラックマイクマンの演奏後、アンプに向かって会場に背を向けるスッシー。
そしてパッと振り向くと、スッシーのハットにはピンクのキラキラで「HAPPY BIRTHDAY」と文字を並べたお遊びティアラが。

スッシー「自分で祝ってしまいました! 今日は俺様の誕生日です」
と、言って、他の楽器隊がハッピーバースデーの曲を演奏。

それに合わせて歌う会場。

HAPPY BIRTHDAY SUSSY~~~~~!!

おめでとーーーーー☆ ^▽^

スッシー「知らない人もいきなり祝わせてしまってごめんね~」って謝りつつ、喜びを伝える。

「昨日の夜はネットで自分を祝う書き込みを見てました!」といい、
「12時ジャストで祝ってくれてるブログがあったのだけど、そこに2歳上に間違って書かれてました。凹」
と、すごく凹んだらしいことを暴露。

そんな感じで話してるとこで、いつの間にか下手に移動してケーキを持って来てたパーク長。
ローソクの火をうっかり消してしまうというチョンボをしてしまう。
(ここの詳しく、実はちょっと見えてなくて良く判んないのですがー。)

・・・というのをやはりうっかり見てしまったスッシー。

前に向き直し「俺ちょっと、はやまったゥオれない・・・。」と苦笑しながら、そのまま会場を向いたまま、あらためて気づかない振り。

そして大げさにケーキを持ってるパーク長に気づいてビックリする。(笑)

パーク長は片手でケーキを持ち、もう片方の手で自分の口をずっと押さえてました。^^;

ケーキにはローソクが5本。
スッシー「ローソクの数、間違ってない??」
パーク長「間違ってないでしょ?」
スッシー「あ、うん。5歳ね!」

・・・などという会話をしつつ、スッシーが火を消す。

あらためてオメデトー!! と盛り上がる会場でした。

「今日は「URA HEAD PARK」だけど、「INO HEAD PARK」もよろしくなー」って言ってライブは終了しました。

最後の方でもステージはなにか盛り上がってたんだけれど、私からは何も見えなかったので、レポ出来なくてスミマセン。

いままでよりセットリストは短めだったし、視界も悪くて、盛り上がりにくい状況だったんだけど、でも演奏中も含めて楽しかったです。

タイトルとURLをコピーしました