2007年2月11日/池袋club ADDICT

INO HEAD PARK Presents

URA St. Valentine’s Day企画
もう~うかつに寝るとナイス街だよ!全員集合!!
イチゴマンもいいけど毒マンもね!
今宵、ホームパーティ開催中!そんなあなたも欧米化!VOL.2

OPプロローグ
SE アダムスファミリー/テーマ曲
メリーゴーランド
グルグルTONIGHT
君に逢いにゆこう
ブラックマイクマンのテーマ
~BD サプライズ~

TAKUYA・Voによるラウドネス「クレイジードクター」
(ただし尻切れ(笑))
ロンリースター
さくら
EN
毒マンのテーマ(G/MIC、DUTCH)
2号だけによる毒マンのテーマ(再)(G/毒マン1号、MIC)
ブラックマイクマンのテーマ
〜ライブ後対バンさんも登場でのゲームイベント

対バンさん編

今回の欧米化イベントは3マン☆
1つ目のバンドはパーカッションが大量投入された、ちょっと風変わりなバンドさんでした。
リーダーはドラムさん。

このドラムさん、星山哲也さんは実はINOに参加された事があります。
INOにおいての名を「ライオンキング☆hossy」さん。

演奏はドコドコづくしでとても見応えありました。楽しかったです。^^

で、この日の私は連れの友達がいたのですが、ワケあってイベントを最初から1人で見ることに・・・なりそうでしたが、別のお友達を発見したので、そのお友達と一緒に下手側にて見てました。

この事がラッキーを呼びました☆

1バンド目が終わって、ステージに幕が入ると、下手の脇からマイク様登場☆
主に下手側の位置に立っていたので管理人的には都合良かったです♪

今回はマイク様が転換時に前バンドのメンバーさんを呼んで、インタビュートークをするといった内容になってました。

リーダーでドラムの星山さんとVoの女の子の2人が登場。
でも呼ばれた2人共トークは遠慮気味なので、トークマイクをずっとマイク様が持ち続けて、自分1人しゃべりになってしまうのを度々気にしてました。
(マイクがマイク独占。(笑))

途中、星山さんが「mixi」をやっているので、みんなどんどん「マイミク」になってね☆ っていう宣伝をしていましたが、マイク様は「マイミク?」と意味が判らない様子。「「ブックマーク」みたいなもの?」と更に「?」が飛んでると、フロアも「ブックマーク??」と、話が見えなくなり。フロアの反応を察するにmixiユーザーはかなり多そうでした。(笑)
(マイミクの意味は後で教えてもらったんでしょうか?^^)

バンドについての話などしばらく。
マイク様は星山さんのことをそのまま「ホッシー」って呼んでて、そのときにライオンキング☆hossyさんであると明かしていました。
途中で、これ言っても大丈夫ですか?と、Voの女の子が、実はパーク長の高校の後輩だっていう事を披露。

Voさん曰く、パーク長は、高校では理系クラスで頭が良かったんだっていう話。

パーク長が褒められているのを横で聞いてたマイク様。

「なんだか悔しいので、付け加えると、
 彼はキチガイです! ^^」

めちゃヒガミモード入ってて、かわいーーー。^△^

幕の裏側から合図が入ったらしく、トーク終了で、次のバンドへ。
2バンド目はINOの対バンでもお馴染みのever set。
クルーの中にもファンを兼用してる人は多いため、フロア全体的な盛り上がりを見せていました。
私は体質的に同じ暴れ方は出来ないため、フロア脇で見ていました。
聴かせ系の新曲を披露していました。

そしてまた転換に入り、下手からマイク様登場☆
上手Gtさん(←曖昧な記憶)とBaさんが出て来て、トークしていました。
(なにを話してたか、見事に覚えていません。^^;)

そうそう、星山さんのバンドでも、ever setのライブでもVoさんによる、「~欧米化」のロングタイトル復唱がありました。
ever setのVoさんは暗記にも挑戦したらしくって、メモを見ないで頑張って思いだして言ってました、が、途中がすっとばされてました。(笑)

次はINOなので、マイク様は「そろそろ自分も準備します~」と言って、幕裏に戻りました。

がんばって~~~☆ ^^

と声援送りつつ。

おめでとう編

・・・前半、ブラックマイクマンまで・・・
URAツアー通りなURA・MCと、欧米化タイトルネタがありました。
メンバー全員で、欧米化!、なんでだろ~、パーク長かっこいいー(だっけ?)、かっき~っん、フォー!
・・・というお笑いネタメドレーが第一回に続いて今回も入りましたが、面倒くさいので、すっニばします。(おい(笑))

間を挟んで、パーク長がハッピバ~スデ~のテーマを弾き始めると、挙動不審になったダッチくん。
フロアの多くの人もダッチくんへの事だろうと思ったその矢先。

下手のスッシーが「ちがう、ちがう、おまえじゃないよ!」っていう合図をしている。

ダッチくん「?????」

スッシー「はっぴーばーすでー、タクヤさーん」

ちょっと他人事になってなかったですか? なタクヤくんが上手の端っこで挙動不審。

ダッチくんが「僕かと思いました(^^;)」って言うと

スッシーが「世の中そんなに甘くない、年功序列です!」とか言いながら、パーク長へのBDサプライズになりました。

すっかり自分のことだと勘違いしたらしいダッチくんが、ちょっとカワイソウ~~~。
会場全体でちょっとかわいそう~~~。

でもホールのBDケーキが登場して、仕切り直しでパーク長オメデトーってことに。

ケーキは一旦ステージ裏に下がったマイク様が持って来たんだけども、ローソクの火がステージに運ばれる前に消えてしまった。
会場の酸素が薄過ぎて火がつかないんだっていうのを説明でした。
みんななるほど~と納得。
火は付かないけど、みんなでオメデトーと歌ったところで、タクヤくんは火を消す代わりに、ケーキの苺に直接パクついてました♪

で、スッシーがBDプレゼント用意しましたって、袋をタクヤくんに手渡すと、受け取ったタクヤくんは袋の印刷をジッと見ながら、
「H・早く、M・見て、、、V・びでお?」

・・・タクヤくん。なんですか、それ。

「俺、聞いてないんだけどっ」とか言いながら、なんだかものすごいおそるおそるで、袋の中を覗きこんでるタクヤくん。
すぐさま、「あぁ~~~!」って、言って取り出したのは、ラウドネスのNEWアルバムでした☆
まだ持ってなかったよ、ありがとう、って言いながら、
大好きなラウドネスってことで、勢いにのってそのまま
ラウドネスのクレイジードクターを弾いて歌ってお返し☆
最後までやりきるのかと思えば、終盤間際でフェードアウトしてました。

パーク長へのホールケーキは真ん中に仮面TAKUYAの似顔絵が描いてあって、スッシーが見える?ってギリギリまで斜めにして見せてくれました。

パーク長へオメデトーだけど、ダッチくんは??

となったとこで、ダッチにも用意してありますよ!って
またマイク様が持ってきたケーキは・・・・・ちっさ!!!

苺のショートケーキに1本ローソク立ててありました。

パーク長は3本?のローソクで永遠の3歳とか言ってたけど、こっちは1歳? ^^;

ダッチくん、「ありがとうございます!」って元気よく・・・

でもってまた勢いに任せて、ショートケーキの一気食いになりました。
(欧米化イベントはダッチの一気食いコーナーが入るのか??)
口から溢れそうになってるショートケーキを手でおさえてモゴモゴしてました。(笑)

ケーキだけじゃなくてちゃんとプレゼントもあるよってダッチくんに渡されたのは、メンバーからのおめでとうコメント入りの色紙!
タクヤくんが1人それを見て、俺書いてないよ?って言うと、
スッシーが「仕方なかったんだよ、教えられなかったんだから」って。
そうだよねぇ~~~。
タクヤくんは袖にいたスタッフさんにペンを取ってもらって、その場で書き足そうとしてたんですが、
割とサプライズしている側にも余裕はなさそうです。
そんなタクヤくんを置いたまま、話は進んでいきました。

なにはともあれ、おめでとー。

ダッチくんは2/13、パーク長は2/15がBD、ついでにダッチパパが2/14生まれだというのがココで判明してました。(笑)

そしてライブは後半へ。。。

なにせ酸素が薄まるくらいに、URAのライブはツアー同じく盛り上がったんですって☆(笑)

・・・まともに話を覚えてるのがバースデーサプライズのとこだけか・・・というショッキングな事実とともに、さらに後半へつづく。
(ちびまるこ風に)

毒をまきちらす編

URA本編が終わって、アンコール「もう1回!」がかかりました。
「もう1回! もう1回!」コールがいつもよりもちょっと長く続いたその頃、
管理人はURAのライブが楽しかったので、すっかりタイトルのそれを忘れていました。

フロアに何か聞き覚えの曲がけたたましく流れだします。

ん?!

そして騒がしくなっているのは、割とフロアいっぱいに詰まった後方のお客さん。
後方の入場口からCO2をまき散らすスタッフさんにガードされつつ、なんか、なんか

なんか  汚いの  がキターーーーーーー!!! (笑)

うはーーーって思ってるうちに、なんかその汚く騒がしいのが、、、

ぎゃーーーこっち来たーーーーーーーー!!! >△<;

私、すっかり忘れてたよ、

「イチゴマンもいいけど毒マンもね!」

イチゴマンが完ぺきに腐ったみたいな1号・2号の2粒(?)が、お客の中を割って歩いてきました。

どー見てもスゴい見た目なのに、きゃーと群がるギャラリー。

私の真横を通っていったために、自分ももみくちゃな中に巻き添えになりつつ。
(1号さんが姿勢を保ってられなかったのを、支えてみたりもした。)

そんな感じで、毒マンようやくステージへ。

イチゴの頭部は腐ってるし、赤いツナギは抽象アートというとキレイな表現になるかしら、な、いろんなペンキをめっちゃまき散らしましたって状態のドロドロ具合。

背には「毒」と大きく一文字入っているのですが、
1号と2号の毒の字に差がありすぎなのが気になります。
→1号はちゃんとロゴとして作ったような白いペイント文字。
→一方2号は、いかにも手書きですな、色も薄墨みたいではっきりしない文字。
あとあとで、2号が「なんでこんなにちがうんだ」とツッコミしていた。
2号のツナギの汚れペイントは本人がめっちゃ頑張ったものらしい。(はて1号は?)

毒マンが歌うのは、イチゴマンのテーマをデス調にしました~って感じの「毒マンのテーマ」。
2粒の毒マンのデス声がフロアに響き渡ります。

もうなんだかよく判んないけど、たのしい! たのしいよ!
とりあえず踊って暴れちゃうよ!

全編に渡ってめちゃめちゃデスなのに、

ランランラン♪ なとこは原曲(イチゴマン)そのままだよ。かわいいよ。

そこはアレンジ出来なかったらしいよ。(笑) すごい気になるよ。

毒マンの登場でしばらく呆気にもなりつつ、毒マンに目を奪われてた私でしたが、ある時点で
暴れる毒マンをよそにダッチくんが、ギター演奏に頑張ってるのが目に入りました。

ん? そういえばココのギター演奏って・・・。

うわーーーーー。私のばか! 毒マンに夢中になってる場合じゃないってば。
ココでコレ見ないでどーするんだーーーーー!

って自分にダメ出し入れつつ、視線をフロントの奥に移すと、きゃーーーvvv

そうそう、これはマイク様のギター演奏を見ることが出来るサプライズ曲でもありました☆

マイク様(すっかり書き忘れてたけど、ブラックマイクさんね。)は、SUSSYがURAで使用している赤ギターを使用して弾いてました☆

イチゴマンのテーマと同様に毒マンのテーマでもGソロが入ります。

Gソロ中、歌わない毒マン達はフロアにチョコレートを撒いてました。
そのチョコを拾うので私の周囲が一斉に姿勢を低くしてたので、私はこの瞬間を逃しませんでした。

チョコはいらん、マイク様(カメちゃん)のGソロちゃんと見るんだからーーーーー!!!

いちいちそれをはっきり思ったわけでは無かったのですが、とにかく振ってくるチョコを無視して(それにしてもやけに大量にチョコが周囲に振っていた。^^;)、とにかくココはマイク様のギターを聞かなきゃ見なきゃでしょーーーーー!

無意識に咄嗟にそうしてた私の食いつきは、隣のお友達がツッコミ入れてくるほど、大変だった模様。(笑)

なんかもう、ブラックマイクさんとか見た目のそれは忘れてましたね。
うわーん。カメちゃんのギターだよ~~~。T T

ジャングルのワンマンでも見たけど、今回のが更にずっと良くなっててビックリしました。すっかり感動しまくり、でもってカッコ良かった~~~。>△<

・・・って、イベント全部終わったあとも余韻に浸りまくってたら、お友達のみんなも私に「かっこよかったね」って言ってきてくれてて、私に報告してくれるみんなの気遣いも嬉しかったでキB

そんなんだったので、毒マン2号がトークも毒舌で頑張ってて、うっかり余計なことを言ったのかなんなのか、いきなり2号だけが歌う毒マンのテーマがすぐさま始まったくだりは、どういう事だったかもはや記憶がありません。
2度目の毒マンのテーマでもマイク様はギター担当でしたが、毒マン1号もここではギター職に戻っていたので、本音を言えば「あともう少し~」っていう気持ちがなかったワケではなかった。
(1号さんゴメン。^^; )
2度目の毒マンのテーマは2号がいっぱいいっぱいになってました。

2号は毒マンだから毒を吐いてるんだよ! って頑張ってた。
口に含んだ水をフロアにまき散らす場面なんかもあった。あやうく自分とこまでかかりそうだった。

毒マンに勝負だ~~~! って感じで、更に続けざまに
ブラックマイクマンのテーマ!

デスだったりMICジャンプだったりと、アンコールは大変なことになってました。(笑)
酸素はうすいし、熱過ぎる!!

URAのライブも終わったあとは、プレゼント争奪ジェスチャーゲーム大会。

ホッシーさんのバンドさん、eversetさんと最後はINOメンバーからとで、各バンドさんがそれぞれ順番に出て来て(INOはずっと主催で居続けね)
「MIC」のポーズみたく、各バンドさんにちなんだ3文字ジェスチャーで、バンドさんと同じポーズをし続けた人が勝利! っていうゲームでした。

フツーは体全部で表現するとこを、eversetさんはウチは表記が小文字だから~って言ってて、顔の前で小ちゃく表現することになってて、その中の1文字が「v」だった為、顔の前で花を咲かせるようなカワイイ仕草がステージで好評になってました。

そんなジェスチャーの流れで、なにかずっとウズウズしてたらしいマイク様。
いきなり「やってもいい?」 って始めたのが

「エバ~~~~~セーーーット!!!」

ってeversetさんのバンド名を叫びながら、腕を横へとビシーーーッ!
(どんなんかは叫びの雰囲気で想像してください。)

か、かめちゃん・・・いきなりどーした。(笑)

マイク様に習って、みんなも一緒に
「エバ~~~~~セーーーット!」 ビシーーー☆

マイク様は1人完全にツボ入っておりました。(笑)
→結局これは翌日まで続いていた。(笑)

最後はINOメンバーだけになり一通りのゲームが終わると、皆がコメント。
最後はパーク長が欧米化イベントに対して、1回目・2回目と実際に普段仲の良いバンドをお誘いしてやってみたという事で、これからまたこのイベントで皆、仲良く交流していけたら・・・と、繰り返して話していました。

次はいつやる? 来月? とか言いながら、4月はやらないと言ってましたが、恒例イベントとなりそうな余韻を残して終了しました☆

なんだか盛り沢山すぎの楽しさだったのに、書き残せる記憶がほとんど残ってないのが切ないのですが、管理人的には、すっかりカメちゃんに感動しまくりで、素敵なバレンタインになったのでした☆ ホクホク。

余談

マイク様がマイクパパはけっこーイイ男なんだっていう話をしていた。(俳優の誰かに似てるとかはないらしい。)
名前はイサムさん。(ちなみにダッチパパはカツヒコさん。)

あと、フロアから出て来た先のドリンクバーでお仕事されていたのは、1回目の欧米化に出演されてたバンドのTSUBAKIさんでした。
ドリンクを受け取ったときに、おや? って思ったんだけど、間違ってたらイヤだしと、特別声はかけなかったのですが、やっぱりそうだったらしいです。
私はけっこー好きな感じだったので、前回のライブでちゃっかり音源買わせていただいたですよ♪

タイトルとURLをコピーしました