2007年6月24日/高田馬場CLUB PHASE

PIRATES of the INOLIAN

TOUR FINAL ONEMAN LIVE

ロビーにて入場前のスクリーンアトラクション
道先案内人:マサキさん

OP:
メンバーのこれまで秘蔵写真&映像
ツアープロローグSE

夢幻航路
グルグルTONIGHT

Shall we Dance?
LoveLoveMoonlight


マジカルSweet Heart
あなたに…
NaMgAlSiPS
(冒頭はTAKUYAのギター1本でのDUCTHアカペラVo)

おさるのダッチとジェッターマイクの宝探し

道しるべ

恋の呪文は1、2、3!
恋する宇宙人

マイクマンのテーマ
(P・O・I/PIRATES of the INOLIAN)

ロンリースター
(メンバーの5本のピースが希望の星☆)
さくら

→コールは「もう1回!」

EN1
イチゴマンのテーマ

→JETTER MICからアンコールは
 「いーの(INO)チャチャチャ!」で、と☆

EN2
ラビリンス
メリーゴーランド

EDナレーションSE

※セトリ順はリンク先様よりお借り致しました。
協力ありがとうございます。^^

本編前のアトラクション☆

当日はこのツアー初の雨模様の天気になってしまいました~。

PM14:00
前日にINOからメールが届いたのを見て、当初の予定よりも少し早めに会場へ向かう事にしました。
いつものクルーのお友達と14時ピタリに高田馬場で待ち合わせ~。
PHASEに直行したら幾人かのクルーさんが会場の入り口へ入る下り階段で物販列を作ってたので、まずは並んで今回のNEWグッズを購入☆

タオルとミラーはひとまず買うで決定。
暑中見舞いハガキはどうしよ~~~って、お財布の中身を思いだしながら悩んでみる。
自分の順番になって売り子してくれてるスタッフさんを見たら、どうやらそのスタッフさんは私がラブラブワンマンの時に年賀を6枚買ってたのを覚えてたらし~!
6枚選り分けて、ハイッて手にしている・・・。(がびーん)
ホントは今回は6枚は止めようかな・・・と思ってたんだけど、、、。
しばし、うーん・・・ってなって「6枚いきます・・・」と答えていました。(くっ~~~)
ちなみにそこでは買わなかったんだけども、「後で買います~^^;」って事で、光る指輪は他のクルーさんにお願いして買って来てもらった。(ひとまず赤いのをゲットした☆)
でもまたハガキ6枚届くのは楽しみ~~~。^^

PM15:00
物販購入のあとは、実際のOPENまでは1時間以上あったので、付近のお店でお茶にすることにしました。
ここで私は、久々にINOに参戦するプチ(笑)クルーなお友達と合流。
いつものクルーのお友達とはここで一旦バイバイ。
久々のお友達ズとおひさしぶり~な話題でお茶してました。
ツアー中の話をお土産代わりにあれこれと~。

PM16:30
OPEN時間になったので、再びPHASEに戻る。
この頃になると、ちょっと降ってた雨が強くなってきました。
会場前には流石にOPEN前とあって、たくさんのクルーさんが。番号順に整列を開始してたので、私とお友達ズも整列に加わる。
整列してる時に、お客さん整理をしてたスタッフさんが側に来てたのでちょぴっと話。
私「今日、雨になっちゃいましたね~。ツアーはずっと晴れてたんですよ?」
スタッフさん「それが・・・私が来たからだって、メンバーに言われたんですよ~。(T T)」
私「うはは・・・・・^^;」

そんなして列がまとめて一気に進んだと思えば、またしばらく待たされ~~~って事が数回続きました。
中へ行く下り階段のとこに居たら、下から「わー!」だの「ぎゃー」だの「わっはっは!」とか聞こえる。

なんだ? なんだ?

この並んでる感じ、、、何かに似ている。
ネズミーランドで並んで待ってる感覚に似ている。

整列は30人づつまとめて入場する形式を取っていました。
ようやく私も入場出来る番になりました。
中に入るといつものPHASEのロビーが、電気を落としててかなり薄暗くなってます。
入ってすぐに階段があるので、足もとが危険~~~って思って、ずっと下を向いて進んでいくと、
ロビーの床に整列用らしき白線が引いてありました。
ひとまずここでまた待機するんだな~~~と納得。
白線通りにウネウネして歩いてゆき、顔を上げたら目の前には、ピーターパンのような衣装をまとったマサキさんが!
わ~☆ マサキさん久しぶり~~~☆^^
うれしくなって思わず手を振ってしまう。
(某リンク先さんと同じことしてて、あとで笑った。)
>マサキさんはINOの活動開始から前説やってくれてて、最初に覚えたスタッフさん。
エモタンとはまた違う感じで、居てくれると和む人だわ~。^^

30人がロビーに収まったのを確認して、マサキさんが案内説明を開始。

マサキさん
「今日はみなさま、来場ありがとうございます。当ナナマガリシップス号では、いくつか注意点があります・・・」

まさにテーマパークさながらな説明のあとに、一旦後ろを向かされるクルー達。
私はその固まりでは割と早い入場になったので、固まりの最後尾のような格好になった。
でもこれが逆に良かった。

後ろを向くと正面のロビーの壁がスクリーン代わりにされてて、映像が開始した。
PHASEでは改装後、中のライブの様子がここに映し出されるようになっているのです。
見た瞬間に「なるほど~~~!」って思った。

映像には乗船しているMIC様の顔だけがクローズアップされて登場。
MIC様が「海賊の3つの掟」を語り出す。
声は英語でアフレコされてて、字幕スーパーが流れます。
どっかの映画で一度は見るよな~~~、こういうの。(笑)
映像が雰囲気バッチリで、そして笑った。
クルーのみんな全員、ことあるごとに笑いが起きる。
外で聞こえたのはコレだったんだな~~~。

これはもう、MIC様にしか出来ない役だ! って思いました。
笑った~~~。

ちょっと離れたとこで見るのが見やすかったので、良い場所で楽しめたな~って思った☆

映像アトラクションが終わって、再びマサキさんからの案内でようやく中へどうぞ~と指示。
フロア入り口のとこで、皆が入場した瞬間にCO2がシュワと吹出す演出あり☆
(やってるのはエモタン ^^)
うわー、あるある、こういうの!(笑)

中に入ってしばらく待機。
中では最初からミラーボールが回って雰囲気作りをここでも演出。

私は気がつかなかったけれども、上手側のフロアの壁には「WANTED」と書かれた写真が貼られてます。
メンバーの子供時代の写真のようです。(パーク長だけバンドやりだしの頃の写真)

更にしばらくしてから、再びマサキさんが幕のあるステージに登場。
(どうやらクルーは全員入場終えたようです。)

マサキさん、ひさびさなノリでコブシを挙げます。

マサキさん「ヨーホーーー!」

今回は海賊なので「イエーイ!」ではなく「ヨーホー!」☆
クルーもすぐに反応して

「ヨーホー!」

マサキさん「ヨーホー!」
クルー「ヨーホー!」

マサキさん「今日はようこそ☆ この船には航海で奴らが持ち帰った宝があちこちにあります!」

って、壁際の写真のことや、ロビーに設置のラブラブ衣装のこと、
それから事前にクルーに配布されてた暗号を言うと貰える財宝の話などをしてました。

ちなみに暗号の答えは「ゲッツアンドターン!」

いつかのライブでそのヒントが明かされてましたよ~。^^
スタッフクルーさんに暗号を言って貰えるのは、そのまんま財宝(コイン)ステッカーでした。(笑)

PM18:10
当初の予定より10分押しで、ようやく開演。
いつものツアーSEが流れるのかな~~~と思って待ってると、ステージ幕には
LEGEND of JETTER MIC だったかな?
どっから持って来たのか(笑)な、海賊達の映像が流れ出す。
むりやりなハメコミで「マイクマンだ! マイクマンが見つかったぞー!」とかいう変な映像が。
(これ以上、説明しようがないです。(笑))
ロビーで見た続きのように、またMIC様のアップで航海の案内。

MIC様が向けてるカメラ目線の視線が、ちょーど私が見てた場所にばっちり合う格好になってて、
「うわー目が合うよー!><*」って無駄に恥ずかしくなってみる私でした。(照)

お宝発見したぞ~って意味なんですよね、、、で秘蔵映像が☆

それっぽい音楽と共に、カメちゃんの幼い頃の写真から、その成長を追っていく形で次々と写真が映し出されました。
最初に出たのは、カメちゃんのお母さんかな~。面影があった。
後から出たカメちゃんのお父さんは、カメちゃんそのものだった!
うわーそっくり!! 似てるわ~~~。
ちっちゃい頃のカメちゃん、かわいいvv

ずっとそういう家族の事とか、知る機会がなく今まできたから、初めて見ること出来たのが嬉しくて。
カメちゃんの小ちゃい頃の写真を1つ1つ見ながら、だんだんジーンってしてきちゃって。やばい。。。ライブが始まってないのに、ここで泣きそう。><

最後の最後で、まるでオチみたく(^^;)
金髪で顔真っ白にして口紅ひいてる昔のV系メイクのカメちゃん写真・・・!
これはやばすぎ!!!(笑)

ジーンってきてたのが、途端に爆笑の涙に変わった。(カメちゃん、ゴメン^^;)

結果的に、最初からわけのわかんない涙が出て大変でした。

そのあとはダッチ君の割と近代(笑)な昔映像(動物園でクマ抱っこしてるのが可愛かったり、ちゃんと道着で空手をしてるのとか)から、INOに加入直後のリハ風景、そして初日の水戸ライブの登場映像。
気になって仕方なくて急きょ、見に行ったんだっけな~。って思いだした。

スッシーのも子供映像から、今までのバンド活動の遍歴のすべてを流してくれました。
写真なら見たことあったヴィクティム時代と、さらにインディーズ時代のマシンガンズ、武道館に立った時、TV出演で大ちゃんの筋肉バスターを食らったヤツ。
映像はさらに続いて、ちょっと大柄になった姿でステージに立ってる映像。
写真も一切見たこと無かったけど、そうかコレがNYでやってた「GORO」か。
ちゃんとバンド活動を続けてやってきてたんだね~~~。
すごいスッシーファンでなくても、消息が判んなかったこの時のが見られたのが一番嬉しかった。
最後は去年の「泥酔チェインソー(下北沢)」 で締めになってたらしい。GOROでビックリで最後の記憶があんまり無かった~。^^;

最後がタクヤ君だったっけ?
子供時代はなくて、バンド活動を始めてからの映像から続いてました。
(あとで判る)「バーンアンドロケット(綴りは BURN & ROCKET ?)」、「GRIMM THE CAPSULE 」、「Kneuklid Romance」とかとか~。
グリムのは写真では見た事あったんだけど、お化粧ヘビメタな装いは随分年期入ってたな~~~。 (笑)
バンドメンバーで遊んでメンバーの靴を脱がしてサッカーやってるのが相当「こいつら、ばかだ・・・」な映像でした。爆
タクヤ君のバンド人生の歴史を垣間見ました。

最後は、これらがあって今があるってナレーションが付いていました。

イノリアンの大航海☆

秘蔵映像が一通り終わったところで、
スクリーンには船の映像に「PIRATES of the INOLIAN」の文字。
そしてツアーのSE:THE MEDALLION CALLS(パイレーツオブカリビアンより)が流れ出して、プロローグになるナレーションが、「クルーの諸君!!」と始まる。
(あらためて書くとナレーションの声優はB/FLAKE3です。)

そして幕が開くと同時に始まる1曲目の「夢幻航路」。
クルーは手を上に掲げて始まりを待つ。
私、どの曲であってもOPらしい演出で緊張感のあるINOのこの始まりが昔から好きなんですよね~。
この感覚は昔から新生に変わってからも同じな気がする。

出だしから中央のVO・DUTCHが1番きちんと目に入る瞬間でもあるのね。
ダッチ君の髪は金髪のウェーブロングになっていた。
果て、これはウィッグなんだろうか、地毛なんだろうか?
ちょっと悩む。

大きな船出をイメージする広がりある冒頭の演出が1曲目に合ってるな~~~って、ツアー全部通して見てきて、ずっと思ってた感想。
ホント言うと、PV撮影時に初めて聴いたときは、ラビリンスの時みたいな衝撃はほとんど無くて、
キャッチーでもさらに無難な感じがしてた。
PVはアテ振りだったのも原因するのかな~。
でもINOはライブを重ねるごとに曲もどんどん変化してくるって思ってるから、そしてやっぱりツアー通して変わったと思う。
私には夢幻航路の冒頭の詞が、初めてちゃんと内容を聞き取ったときに、「ズキン」ときた。
詳しくはここでは書けないけど、私にとって突き刺すものが、夢幻航路の詞にはあった。
だから、いつも何て言っていいか判らない気持ちになって聴いてる。
いろいろな中で、船のオールを漕ぐような振り付けのとこが、MIC様もいつもニコニコしていて、一緒に合わせてやるのがホント嬉しい&楽しい☆^^
ツアー通して、この曲だけはちゃんと16回聴いたことになるけど、むしろまだまだ先が楽しみな曲の1つかな~。

スッシーが言う「さぁ、皆様の両手を高く高くあげてーーー!」
       「はい、お隣さん同士で繋いでみてください!」
       「グルグル~トゥナ~イト!」
「グルグルTONIGHT」。
もう、私はこの曲で何回お隣さんと手を繋いだんだろうか~~~。(笑)
一緒のお友達と繋ぐこともあれば、ホントに全く知らない人の手を取ることも沢山あった。
知ってる友達同士は、特になんのアクションもなくフツーに手を繋ぐけど、
知らない人のときは一応、目で「よろしくお願いします☆^^」ってニコッと合図する。
それこそINOを初めて見る人が隣に居たら「一緒にやってください☆^^」って合図で手を取る。
初めての人は一瞬躊躇するけど、ニコッてして合わせてくれて、私はこの時がちょっと嬉しい☆

(お友達の中には、これはちょっと抵抗あったっていう人も居た。。。
 ぶっちゃけ暴露すると、これを最初に始めたのはうちらクルーからだったんです。(笑)
 途中でステージから指示してくれるようになったのが今の展開。
 抵抗あったって話を聞いたときは、ちょっぴり申し訳なく思ったけど、
 INOのライブらしさが最初に判って私はいいと思うんだけどな~。^^)

この曲もいろいろ変わったよな~~~なんて思いながら、今回のステージも見ていた。

だいたいグルグルの後にスッシーのMCが入ってくるのだけど、流れをちょっと忘れたので、ひとまず先に進める。

再びスッシーから、「それでは一緒に踊りましょう~」という前振りで
「Shall we Dance?」。
最初、この曲はジョーヤのVOを頑張って聴いてたな~と思いだす。
ダッチ君が加入後にライブで聴いても、思いだすのはジョーヤVOだった。
今はすっかりダッチ君VOになりつつある。
振り付けが難しくて覚えられない~と言ってたら、振り付け講座を出してくれた。
だから運動神経が鈍い私もなんとかかろーじて、追いつくのを頑張ってる。(笑)
最近はたまにやる曲になってしまってるから、再び合わせるのに一生懸命になってしまった。(笑)
MIC様の動きはひさびさだけど、一番お決まりな形でのステージになっていた☆
(ちなみにダッチ君は襲われてなかった。(笑)←なんの話だ。)

ひさびさのシャルウィ~ダンス楽しいな~~~☆ って思ってると
そのままキュンとなる恋モードが続くステージ☆

常にやるときはチョー久々になってる「LoveLoveMoonlight」☆
私がアンケートにずっと「やって欲しい曲」で書き続けて来たタイトル~~~。
ワンマンではやるだろうとは思っていたけどね~。
この曲の冒頭の振り付けをジョーヤがすごく真面目~な顔して真剣に取り組んでたのをいつも思いだす。
それを思いだしたので、今回のステージのダッチとMIC様の振りは、びみょーにそこから外れた感じがしなくもなかった。
悪いというわけでもないんだけど、やっぱり久々すぎて形が少し定まりきってないのが、振り忘れてる?って感想になった。
とりあえずラブラブな振りが入るので、そこに咲きを入れこんで、MIC様にラブラブ送ってみた私でした~~~。(アホ)

ラブラブモードは更につづく。
私はここの展開を今回のワンマンのラブラブコーナーと勝手に呼んでいる。(笑)

これこそホントに久々、久々の「渚」。(URA渚は全く別ものだから。(笑))
ホントは新潟の時に一瞬やるような展開を見せたけど、やっぱりやらなくて、結局ツアーでは一度もお披露目は無かった渚。
ツアー中にダッチVOの音源をかなり聴いてきたけど、ライブでやってないので、やっぱりジョーヤVOの印象のが大きいんだよね~~~。
ひさびさの振りをしながら「懐かしいな~」という気分になって聴いていた。

まったく余談だけども、私はこの「渚」をライブで初めて聞き出したときに、
初めて「INOの曲の歌詞って、もしやカメちゃん(KAZUKIさん)が書いてる??」っていうのを思うようになった。
(INOは「渚」が出るまでそういうのは一切不明だったから。)
根拠は、まぁあるにはあったんだけど(笑)、それでも漠然と「渚」はカメちゃんなんじゃないかな~って初めて気がつき、また少し違う展開の詞はジョーヤ君かな? と予想はじめた。
「渚」のCDが出て答えが判ったときはホントに嬉しかったな~~~。^^

「マジカルSweet Heart」。
もうノリノリでハートを作ってしまう曲。(笑) らぶらぶ~~~。
ラブラブツアーでピンクのラブラブ衣装でやってたのが、まさに型にハマッた曲だったけれども、
海賊衣装でも同じ振りでやってくれるのが、急にカワイイ海賊さんになる感じで面白いんだな~~~。
JETTER MIC様の肩に乗っかってる「カオル」の存在にこの時少しジェラシーに思うのだった~。

♪ぶっちゃけ本気で好きだし~~~ いつも側にいたいけど~~~☆

むーん。むーん。

テいムードから、つづくステージは切なさを帯びてくる。
「あなたに・・・」。
2つのギターの音がカッコイイ。かっこよくて切ない。
アルバム聴いてても、ライブで聴いても、どっちも好きな曲だ~と思う。
見るとこがそこばかりで申し訳ないけど(しょーがないじゃない!)
MIC様・・・いや、私がここで目に入るのはKAZUKIさんなんだ。
この詞の世界をちゃんと表現しきってるKAZUKIさんが素敵です・・・。

ステージの照明が薄暗くなってきたところで、シーンと静寂の瞬間。
この雰囲気はあなたに・・・であった感じなんだけど、それはもう終わっているし・・・
少し「?」ってなっていると、タクヤのギターが静かに鳴り響く。
そこにダッチのVOがやっぱり静かに入ってゆく。
冒頭数小節を進んでから、ようやくいつもの展開でステージ全体が動き出す。
「NaMgAlSiPS」。

夢幻航路の発売同時に初お披露目だった曲~。
その後からツアーでやるようになって、1回1回どんどん発展した曲!
最初に聴いたときは、振り付けに押されて曲もVOもひどく危うい海原の世界だった。(笑)
2回目~3回目~って少しづつ安定してきて、青い海の空がイメージ出来るステージになってきた☆
振り付け自体も最初の時を考えるとすぐに一工夫・二工夫って増えた気がする。
この曲初聴きだったお友達ズを先導して一緒に振りを合わせて海原の風に乗ってみた~。^^

曲の最後はここで初めてアルバム通りにアコギ演奏が。
暗転した中で、スッシーがアコギに持ち替えて流れを続けるんだけど、トラブってて、なかなか音が出て来ない。
緊張で固い表情を見せるスッシー。
すぐさま、マイクスタンドをギターのとこまで持って来て音を聴かせる工夫を。
そのトラブルに最初は自分の定位置にいたタクヤがスッシーの横に付いてくれる。
タクヤはスッシーに合わせてメロディを入れる。
スッシーは緊張した表情を貼付けたまま、アルペジオを1音1音懸命に弾いてくれた。
私はむっくりめなスッシーの大きい左手がネックをしっかり押さえてるのを、じ~っと真剣に見て聴いていました。
トラブルが入ったり、決して上手くいった事にはならなかったけど、
でもすごく心を打たれる時間が流れました。

こういうのは決して音源では得ることの出来ないものなんだよね~~~。

(リンク先さんによると、スッシーがここで使ったアコギはピラニアライブのときのモノだそうだ。
 私もビデオ持ってるんだけど、1回しか見てなくて流石に覚えてなかった。)

終わってしばらく。
ステージからメンバーが全員掃けたんだっけかな。

すると「ウィッキーーー☆」って勢いよく飛び込んでくる1匹の茶色いちっこいの。
わー、また全身スーツ・・・いや、おさるのダッチ出て来た~~~!!!(笑)
もうワンマン恒例になりましたな!

おさるのダッチは頭にもしゃもしゃ?が増えてた気がする。
飾り部分がおさるのお尻みたいなハート型になってる抱え込むくらいの大きな銀の鍵を手にしてた。

ダッチの後から大小の木の宝箱を抱えたJETTER MICがやってくる。
宝箱をゲットしたのにダッチが鍵を持って行ってしまって開けてくれないんだ~って言ってる。

ここで宝探しコーナー☆
クイズに答えて宝箱のお宝をゲットしよう☆

Q1:冒頭の秘蔵映像中、子供時代のダッチが動物園で履いてたズボンは何色だったでしょう?

そんなの意識して見てないってばーーー!^^;

でもちゃんと見て覚えてる人はいるんですねー。
フロアの手を挙げて指された人が答えを言うと、おさるのダッチが溜め込んで大きく◯を作るジェスチャーをします。
(昔のひょうきん族のざんげの神様風・・・いい加減に古いネタだ。ダッチ君も見ていたんだろうか??)

答えは「黄色」でした。
大小の宝箱のうち、回答者さんは小を選択。
メンバー全員サインの今回の物販フェイスタオルと撮りきり写るんですカメラをゲット。
MIC様が「お、まだフイルムが残ってます~」って言って、パーク長をパシャリ☆
ボルボさんをパシャリ☆ 自分とダッチの2ショでパシャリ☆ フレークさんパシャ☆
そして、下手のスッシーアンプ脇に居たエモタンをパシャリ☆
え~~~~~。^^;
も~~~カメちゃん、ほんとエモタン撮るの好きよね?!
エモタン、どんだけ~~~ って思わずツッコミ。
最後にスッシーもパシャリ☆

Q2:同じく秘蔵映像中、タモリさんの番組に出演してたタクヤの最初のバンド名はなんという名前でしょう?

え~わからん、わからん。

流石にフロアで知る人もほとんど居なくて、でも手を挙げた人がいた。
MIC様が指して聞くと「バーンアンドロケッツ」と答えが。
審判を下すおさるダッチが、タクヤ君の様子を横目でチラチラ伺う。
タクヤNヘうーんって渋い顔。

厳しいけど答えは×。(×のジェスチャーを作るダッチ。)

惜しいんだよな~~~って事で、もう一度チャレンジ。
今度は「バーンアンドロケット」で回答が。
答えは◯。

複数か単体かは微妙でも違うかもねー。

今度は大きい宝箱のお宝ゲッツ。
夢幻航路のレア「DVD(PV)」(サイン入り)と、フロアの壁に貼ってある「WANTED」写真のバージョン違い4枚(各サイン入り)でした☆
よいな~~~☆^^

見てて楽しいコーナーでした。^^

そしてそのまま、コーナーが終わって曲へ。

うほ。VOは、おさるのダッチのままで「道しるべ」~~~。(笑)
道しるべの振り付けは冒頭でモンキーダンスが入るんだよね~。
判っててのひっかけなんでしょうか~~~??!(笑)
これも最近めったやる事ない曲だから、流石に私もモンキーダンスと「ペ様(加トちゃんペ)」しか覚えて無くって途中あやふやになりつつでした~~~。(笑)
でもステージも振りに関しては微妙だった感じする。^^;

道しるべで一旦ダッチがステージから掃ける。

するとパーク長タクヤが「今度は白いのが~」って言い出すとフロアは「キャー!」☆
(おーい、まてまて。あの白いのはそんなに人気なのかYO?!(笑))
タクヤ、慌てて「いや、出ない、出ない」っておことわり。
でも、あの恋のキューピッドが~って話を続けてると、スッシーから「タクちゃん、(真似)やってよ!」って要望。
自分でも思いがけずな感じで、ダッチエンジェルの真似をする羽目になって、一瞬アワアワしてるタクヤ君。
でも割とノリノリ。(笑)

タクヤ「ティンクルティンクル・・・恋の・・・」

    「まじっく☆」(びしっ)

最後の決めのとこで、どこに集中してるのか渋い顔してビシッて決めてるタクヤ君。

うはははは! キモイーーー!!(爆笑)

本人も「俺、気持ち悪い~」って恥ずかしがってました。(爆笑)

パーク長の渾身の恋のエンジェルから、初恋ネタになりました。
初恋ネタでMIC様・・・カメちゃんが振られて答える。
幼稚園の時です、って言ってから、ちょっとふっくらした笑顔が印象的な子でした、って照れ気味の笑顔で答えるカメちゃん。
彼女のお名前は「ミエ」ちゃんだったそうだ~。

昔、カメちゃんの好きな女性のタイプって答えてたのがあったんだけど、これ聞いて、そうか初恋ネタの事だったんだな~~~って思って聞いてました。

スッシーが、タクちゃんは?って聞いたけど、「俺はよく判んないんだよね~」みたいに言ってた。
そのスッシーも初恋は実りませんって言って、ちゃんとは答えはしてませんでした。
(ちゃんと答えたのカメちゃんだけ?!^^;)

フロアに向かってみんなも初恋あった? とか尋ねてた。

私、思わず「うん」とか答えてたかも。(笑)
あたしの初恋は~~~~~・・・内緒だ☆
(クルーのお友達には話したよね~~~。(笑))

そんな初恋ネタをやるうちに、ノリノリなギターが鳴り響いてきて、MIC様がちょっと「えっ?」って戸惑いつつも、また即興爆音曲が開始!(笑)
MIC様がまたテキトー歌詞を歌って、最後に叫ぶ。

「恋愛マスターーーーー!」

なんだそりゃ! (笑)

ちなみに曲はメタリカ。メタリカのアルバムタイトル邦題メタルマスターのパクリだったようです。
(私、持ってるくせにそこでは気づいてなかったけどさ。(笑))

ここまでの展開で、ダッチくんの存在を忘れてしまってましたが(ごめん^^;)、ダッチくんも真ん中で聞いてたのを思いだしました(笑)
初恋と同時にパーク長がバレンタインでチョコ沢山もらったでしょ? ってスッシーのひがみネタ(笑)が続いてたのもあって、「(初恋)ダッチもあるよね?」って聞かれたダッチくんはチョコの話と取り違えて「(チョコ)ぼくも無いですね~」って答えてて、「ちがうよ? 初恋の話だよ?!」ってツッコミ受けてました。(笑)
ダッチくんて、もしかして話を聞きながら脳内で反復してたりするんじゃなかろーか?? なんて分析しちゃうわたくし。
反復してるうちに皆の話が先に進んでて「あれ?」って展開になってるんじゃないのかなぁ?
・・・それと同じ様な人が、どこかに居た様な気がするのは私の記憶違いだろうか・・・。

そのあと、パーク長がカッコイイって話になって、いつも鏡を見てるよね~って話になる。
タクヤ君そんなことないよ?!って言いつつも、最後には自分好きって認めつつ、
フロアの人に「1日5分以上鏡を見る人~~~」って手を挙げさせてた。
あんまり意識しないけど、私も見てるかもしんない。(メイク以外でね。笑)

スッシーも見てるじゃんって、スッシーが髪を立ててる仕草とか、アゴに手を置いてるポーズとかを真似して見せトたタクヤ君でした。

楽屋でどんだけメンバーチェックしてるんだろか~~~。(笑)

思いだしついでだけども、アラビアンな曲でクネクネしてた話はなんだったんだっけ??^^;

また元の海賊の姿にお着替えしてきたダッチ君が復活☆
復活してきて続くのは
「恋の呪文は1・2・3!」
この曲は音源化されてない1曲だから、久々に聞くとやっぱり嬉しい!
初めてINOを見たときに1・2・3がとても印象的だったので、どうしてもその当時を思いだすから、
私の脳裏には黒ツナギのKAZUKIさんが出てくるんですよね~~~。
最後の部分で、なにを始めてると思えば、
組体操みたくダッチ君を高く掲げて、ダッチ君の両足を後ろでしっかり抱えて支えるMIC様。
ダッチ君はその状態で腕を大きく広げて歌い上げてみせてました☆

「恋する宇宙人」。
ステージもブルーの羽扇子~。そしてクルーも羽扇子が舞う!
実は私もツアー中に何度か羽扇子を用いてジュリアナダンスしてた~。(笑) けど、
ワンマンのフロア密度を考えて、ちょっと大きめの羽扇子は遠慮してみた。
大きさを押さえてブルーの和扇子でノッてみた~。
今回のステージはあまり自分の定位置から動くことがなかったMIC様。
この曲ではステージを右に左に踊りまくる☆
ダッチ君も同じく踊りまくる☆
あたし、この曲だと不必要にテンション上がるんだよね~。(笑)
ニコニコです☆^^

こんなして書いてるとワンマンの長さを実感するよー。
(あたし余談長いから?^^;)

ラブな雰囲気が続いて、ふと忘れかけてたとこで、
ダッチと立ち位置をチェンジ☆
MIC様がフロント中央にやってきて話始めて間もなく、ジャーンって開始と共に
「マイクマンのテーマ」☆
フロアもステージと一緒に右へ左へ~~~。^^
なんだかんだで妙に盛り上がる1曲~~~。
今回のジェスチャーのかけ声は「PIRATES of the INOLIAN」から
「P/O/I」「お~~~~、イノリアン!!」でした。
コレ以外にも何かこんな~っていうポーズをさせられた記憶があるんだけど、忘れた~。^^;

スッシーが「楽しい時間も残りわずか~。あと2曲!」という。
クルー「え~~~~~!」

終盤2曲はお馴染みの展開。

「ロンリースター」。
曲に行く前に「俺たちの希望の星を探せ~」って始めるんだけど、今日はなかなか☆が出て来ない。
するとパーク長タクヤが、なぜか右手でピースを作っている!
タクヤ君、、、なんでピース?? って自分が思うのと同時にフロアも「なんで?」って気がつく。
タクヤ君のピースにダッチ君も判ってるのか判ってないんだかでピースしてみる。
タクヤ君はさらに続けて両手でピース。「カニv カニv」ってやってると
スッシーも「?」ってなりながらカニ、カニ。
そのうちだんだんメンバーが判ってきだして、ダッチ君を真ん中にフロント5人でピースを中央に近づけてゆく。

俺たちの希望の星はここだーーー!

メンバーのピースサインが作り出す☆の形~~~。

私、おおお~~~って思いながら感動しつつも~、、、
でもINOメンバーがいきなりこんな素敵なネタ作る??って若干疑問に。(←失礼だな、おい。(笑))
→案の定元ネタがあって、スマップネタだったらしい。(笑)

ときどき思うけど、パーク長ってけっこーTVっこだよね。(笑)

・・・と、せっかくの感動場所にいらんツッコミはおいておき~~~。
(でも、すごく良い展開だったよ☆)

今回もサイリュームを投げてました☆
(スッシーが投げたくさい緑をゲット♪)

そして本編最後は近頃すっかり定番となった「さくら」。
今日はワンマンだし~~~って思って、私もここで始めて金色のポンポンを用意してきました☆
ポンポン・・・実はどこぞの100均の金髪ヅラなんだけどさ~~~。(笑)
>金沢でダッチ君にもらったヤツがコレだったんだよ!!(笑)
冒頭でヘドバンするのはスッシーに合わせる人なのかな。
私もライブによってはヘドバンする事もあるけど、さくらはやっぱりフロントのあの振り付けがポイント的だと思うんだよね~~~。
ジョーヤ時代からダッチに変わってもずっと変わらず続く振り付けだしね☆^^
INO的な特徴ある振り付けでもあるので、やっぱりこだわりどこなのである~。

今回は皆で一緒に盛り上げましょうってパーク長も言ってたのを受けて、私もなるべくそこに参加していこう☆って決めてたのだ。
私がそう思ってたのは、皆も共通の気持ちだったのかな。
私の周囲の人もみんなステージに合わさった振り付けになってた。
別に絶対そうしなきゃいけないってルールはどこにも無いと思うんだけど、こういうのって自然と気持ちが一緒になってくると同じことしているもんなんだと思うんだよね。
この一体感がINOのアトラクVョ唐セよ~~~って、思った瞬間でした。
楽しかった☆
とてもいい盛り上がりで終わる本編~~~☆

ステージを履けて行くメンバー。で一旦、フロアは暗くなる。

再びステージにはスクリーンが下りてくる。
しばらくするとそこに「LIVE」と書かれた映像が。
夜のPHASEの外の風景が映ったと思ったら、PHASEの入り口から衣装のメンバーが「お疲れ様~」って言って出てくる。
「お疲れ~」って言ってから「じゃぁ帰るか~」ってPHASEから良く見る風景をそのまま駅方面に歩いて行くメンバー。
派手派手な衣装(1人はMICだし!)な人達を通りがかりの高田馬場の人はなんと思ったのか。(笑)
途中でココで食べてくか~って衣装のまんま中華屋さんに入っていくとこで映像終了。

LIVEとあったけど、まぁLIVEでないのは明らかなのであった。(雨天なのに道乾きまくってるしね!)

すると聞き覚えのある音が流れ始めます。
すっかりその存在を忘れ去っていた私は、ハッとなりました。

そしてスクリーンが上がってステージが再び登場すると中央には2つの棺桶が!

あ~~~。あ~~~。

と思う間もなく、そこから飛び出すイチゴマン1号!2号!
フロアは途端に今までとはちょっと違うテンションに跳ね上がる!

そして私もおそらく周囲の人とは違うテンションで心躍る!

イチゴマンときたらーーーーー!!!

カメちゃんがギターだーーーーーーーーー!!! (そこだよー!)

JETTERさんは黒のレスポールを持ってました!
うわー! カメちゃんレスポールきたーーーーーー!!! >▽<

きゃーきゃー!!

実は成り行きで下手寄りで見ていた今回。
このときばかりは、なんで上手じゃないんだろう・・・っ!ってちょっと泣いた。
でも頑張って上手に集中してたら、見えなくはないから、よいだろう。

でもそこで大変なのはイチゴマン1号・2号の存在です。

周りに合わせつつ、イチゴの振り付けを真似るためイチゴもチェック。
(2粒(イチゴは2粒!)が手にしているイチゴのついたマイクが可愛い☆)

イチゴも見てなきゃ~と思うけど、でもギターのMIC様が気になる!!

あ~っと、そういえばダッチ君もギターであった!こっちも気になる!

でもカメちゃんが~~~~~~~!!!

こんなことならいっそ目が4つくらいあったらいいのに! とかワケの判んない事まで思い始める。

レスポールを手にしてるカメちゃんがめちゃくちゃ楽しそうなホントにイイ笑顔で、その笑顔にこっちまでニッコニコ! すてきかわゆいかっこいい~~~! >△<
Gソロは中央でダッチ君と2人揃ってやってました~。

イチゴマンが「いちごみるく」を投げてきましたが、そこは全て無視して、MIC様に更に食いついて見てました☆
お隣さんも同じだったらしくて、私の様子を横で気づいて「今ここの2人の気持ちはおんなじだ!」とか感動してたらしい。(笑)

イチゴマン終了。

メンバー掃ける。しばらく「もう1回!」のコールをしてたクルー達。
ようやく復活してきたメンバー。
MIC様からコールは「イーノ(INO)チャチャチャ!」で!って振ってきたので、
みんなで「いーの!ちゃちゃちゃ!」とやった。

パーク長が最後にこのワンマン、ツアーを通しての事を語り出す。

テーマは「心の鍵を探す旅」
鍵が判らなくてもいいんです、って言ってた。
そうして探してきた過程が大事なんだって、みんなで探して歩いて来た道が大切なんだって話をした。

それからダッチ君がINO加入で1周年な話もした。
今回のステージの船を表した飾り付けなどはダッチからの案で、とか、1年かけてダッチ君もメンバーとして頑張ってやってきた。

みんなが色んな案を出してこのライブがあるという事も言ってた。

ホントはもっともっと長く話してくれたのに、肝心な部分をちゃんと書くことができなくてゴメンナサイ。
そのときみんな黙って聞いてた。私もじっと黙って聞いてた。

アンコール最後は続けて2曲!
「ラビリンス」、そして「メリーゴーランド」!

ラビリンスの曲中、タクヤ君もスッシーも・・・メンバーの頬に涙が伝わってた。

私も、今回は泣くことはないと最初は思ってたのに、途中でなにかなスイッチが入ってしまって、涙がこぼれ落ちた。

でもすぐに笑顔に戻ることが出来たから、最後はうんと盛り上がって楽しんだ。

すべてが終わって最後にメンバーからワンマンの言葉が。
スッシーは「最初、みんなをどうやって楽しませようか沢山不安だった」って話してて、
「けど、幕が開いて皆の笑顔を見た瞬間に、一緒に楽しめばいいんじゃんって思った」と続けた。
そういったスッシーの言葉がなんだか印象的だった。

最後ヘhラムセットから下りたボルボさんも前に出てきてて、ボルボさんも、フレイクさんも
今回のツアーとワンマンを振り返って話をしてくれた。
感動してみんなの話を真剣に聞いてたのに、ぜんぜん書けないのがはがゆい。

楽しかったよ! ありがとう!

最後はステージのメンバーとフロアのクルーと一緒に、「気合いいれていくぞーーー!」「おーーー!!」で締めたのでした~~~☆

メンバー4人がとってもいい笑顔でステージを去ってゆく。
仮面の2人もきっといい笑顔でいてくれてるのだろう。

今までで一番長いツアーになった今回のイノリアンツアー。
クルーのみんなとも途中途中、私は一緒に旅をさせてもらった。
旅の途中でみんなと色んな話をさせてもらった。
みんなで色んな事を考えたし、思ったよ。
みんなでドキドキしてワクワクして、冗談を飛ばしながらも
「心の鍵って?」
って、考えてきたんだ。

ちゃんとした答えになったワケではないけど、メンバーの話を聞いて納得した。

長いツアー、最後の大航海はみんなで到達した最高の航海だったと思います。
みんなありがとう☆ これからもよろしくお願いします☆

ライブ後~おまけ

ライブが終わって、私は中打ちに参加するので、一緒した友達ズとはフロア内でバイバイ。
ふいに友達の手を握ったら、妙に暖かくて、あったかいねーって言ったら、友達ズから私の手が冷たいって言われた。
そんなして、しばらく握りあって(笑)、またバイバイ。

友達と別れたあと、他のクルーさんとも離れたまんまで、 私はそのまま会場の隅っこにひとりで座り込んでました。
座り込んで、そこであわててカメちゃんに手紙を書こうと思った。

ツアー最終日なんで、前日からメンバー全員に手紙を書こうと思って。
みんなに書いたんだけど、 カメちゃんだけは、ワンマン前の手紙を何回か書いてしまってたから正直、ライブ前に書くことがなかったんだよね。
だから、カメちゃんだけはライブを見終えたあとに、その時の感想を書こうって思ってて。
でもいざ書き出したら、言葉がぜんぜん出て来ない。
どうしよう、どうしようって、思ってとにかく書ける事だけを、ダーーーッって勢いよく書き出すうちに、気がついたら涙が溢れてきてて、涙でなんにも見えなくなっちゃって。

周りに人がいたけど、そんなのそっちのけで、1人でうずくまって泣いてた。しばし。

更に隅っこでうずくまってたら、スタンプ9個特典のチェキ撮影として、メンバーがステージに戻って来てた。
スタッフさんが中打ちの人は一旦フロアの外に出て下さいっていうので、 ステージにメンバーがいるのを判りつつ、でもそっちは見ないでそのまま外に出た。
その頃には涙は止まってたんだけど、自分でどんな顔してるか判んないから、そのまま姿を隠す様にして出た。

そしてそのあと・・・。

いつのまにか周りに誰もいない事に気がついた私を、お友達クルーさんが探しにきた。

私、この時点で、そうだ整列しなくちゃいけないんだ~って思ったんだけど、様子がなんだかオカシイ。

んんん???!!

みんな中に集まってるんだって、そこで気がつく。

んんん??!!!

中に入って事態を飲み込みました。ぎゃーーー。

INOメンバーと中打ち参加のクルーさん全員が、ステージ上に待機中でした。
すでに集合写真で集まってたみたいです。
「や、やばい・・・。」ってやっと頭ん中で思った瞬間に ステージ上手の端っこから、

「こ~らっ!!」

って、おっきい声が響きました。

・・・・・・前代未聞。(爆)
パーク長にお叱りの一撃を飛ばされました。T T

ほんとに恥ずかしくて、みんなの顔まともに見られませんでした。
どうにかステージに上がるとこで、またパーク長だったかな~?

「君、あやうく集合写真の枠外になるとこだよ?!」

って言われたのは覚えています。
うわーやめてーーー。そんな集合写真はいらない~~~。 ><;

そんな感じで大失態をしてしまった私でしたが、どーにか一緒に写真撮影していただきました。
このときの他の記憶が完全に無いので、写真がくるの恐ろしいです。;;

中打ちでは写真のあとに、メンバー衣装からツナギ&ツアーTに着替えた格好で、みんなとお疲れ様の乾杯☆
フリートークの時間があって、最後に再びメンバー1人1人から挨拶をもらって、最後はライブの最後であったように、
メンバー&クルー全員で輪になって集まって、パーク長の「気合い入れていくぞーーー!」の一声での気合いのかけ直しで終了しました~。

乾杯から出てきたのはMIC様でも仮面のKAZUKIでもなく、素のカメちゃんだったのが私には何よりも感激の時間でした。
そのカメちゃんに初めて会えたんですから。
思いだしたら、また泣けてきます。嬉しかった・・・☆

シアワセな時間をいただきました。ほんとにありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました