2007年11月22日/本八幡 Route14

「アラビアン TONIGHT」

気合い入れ
SE~ 呪文
大魔人JETTER MIC登場
R・M・D
グルグルTONIGHT
シャイニング
マイクマンのテーマ
ロンリースター
さくら
セッション
KISS/ROCK AND ROLL ALL NIGHT
(パーク長の趣味? いつかの横浜のと同じ選曲です。)

セッションはINOメンバーが楽器演奏~
ドラムのみ、BULL ZEICHEN 88の淳士さんが
シンゴさん仕様の仮面を被って演奏。
JETTERさん~ダッチくん~夜叉Voさん~etc という順番でリードボーカルを代わる代わる担当してました。

とりあえず転換時。
まずドラムの音が違う~~~ってすぐに気がつく。
これからINOのステージ?? ってちょっと不思議。
でも両脇から聞こえるギターはいつもの聞き慣れた音。
真ん中の音が違う。違う人なんだから当たり前だけど、久々に変な気分~。
やっぱりいつもとかってが違うからか、いつになく音出しが多かった気がします。

そんな流れで音出しが静まった瞬間に気合い入れがあった・・・んだけど、後方で見ていた私の場所までそれが聞こえることはなく・・・。前の人の声に遅れて気合い入れ。
SEから早巻きの呪文に合わせて、ステージ幕が開くと、
両手を頭の上で合わせて待機しているフロントメンバー。
あとから黒マントをコウモリみたくして登場するJETTER MIC。
キーガシャ、キーガシャって機会音を鳴らしながら、
音に合わせてロボットみたいな動きで、バッと両手を広げます。
(この登場の仕方は名古屋から続いてます。)

JETTER MICの「アブラカタブラ~~~!」という第一声と共にライブスタート☆
R・M・Dはタオルの振り付けが定番になった模様。

今回の見た目の変化としては、タクヤくん!!
メイクがちょ~~~~濃ゆいです!!(笑)
髪もまた切ったかな? 色も少し変えた??(この辺の記憶は曖昧なので・・・)
一時はムクムクしてた(笑)フェイスラインもここ最近はスッキリした感じがします。
見た瞬間、「メイク濃っ!」って思いましたが、個人的に好きな感じだったのでOK。(←なんか上目線(笑))

ルート14はステージの向きが変な形なので、下手ほど奥まってしまうので、ちょっとスッシーさんまでチェックするのが大変でした。
肩から顔がようやく見える感じです。
髪の毛はキレイに立ててた記憶です。

全編的にいつもよりも天井に頭が付くぐらいに上へ、前のめりにフロアに向かって身体を突き出してステージを盛り上げるメンバー。
なので後ろで見てたけれど、ダッチくんとか常に近くで歌ってるような感じがしました。^^
・・・ま、ほら。管理人は基本JETTERさんにロックオンしてますので。。。(笑)

シャイニングでダッチくんとJETTERさんが手袋をはめました。
名古屋のライブからJETTERさんの手袋がキラキラのラメ付きになってて、キレーって思ってたんですけど・・・。

ぶっ。

今回はそのキラキラがさらに10倍増しになってます!!
キラキラすぎだしーーーーー!!!(笑)
夏のギンギラギンをそこだけで上回った感じします。

ギンギラギンに盛り上がってたシャイニングでした。

マイクマンのテーマのジェスチャーは、「 I ・ Y・ 8」。
3マンでセッションもあるイベントっていうことで、
INO HEAD PARK の「 I 」(アイ)。
夜叉の「Y」。
BULL ZEICHEN 88の「8」。
そのあとに「オーーー! 本八幡!」
本八幡には、ちょっと、えーって感じになって、いいの!って展開でした。

8ポーズは頭の上で◯を作る動作でしたが、
一連の動作が終わったあとで
MICさん「8はちゃんと足も◯にするんだよ!」

・・・ちゃんとやっても込み込みのフロアでは見えないのよね・・・。^^;

今回のMICさん、何かな台詞を繰り返すのが多くて、
「あ、今、2回言った!」とか、つづけてわざと「3回言いました」とか、やってました。
しつこいし!(笑)
面白かったんで、アンケに印象残ったとこって書いておいたけど、肝心な台詞を忘れましたー。
だれかヘルプ!!(笑)

そこらかしこで入る、スシさんMC。

今回のドラムが、SHINGO(THE ROMEO)さんって事で、SHINGOさんの紹介。
楽屋の着替えのときにSHINGOさんが履いてたパンツの話をして、SHINGOさんを見に来たファンの人にキャーって言わすサービス。
そのパンツネタから、自分はユニクロで買ってるって明かす。
スシさん「この中でユニクロでパンツ買ってる人ーーー?」
会場・しーん
スシさん「・・・ユニクロで買ってるの俺だけだよねっ(プチ自虐的)」
スシさん「ユニクロの宣`するわけじゃないけど、ユニクロはイギリスにも進出してます。
俺らも行ったことはないのに、アメリカ・イギリスに進出してしまいました!」
って感じで、話をビジュアル系DVDの宣伝にもってくスッシー。
スシさん「DVDは普通に買えないけれど、バンドで買うことができます・・・通信販売してるので・・・あ、今時「通信販売」なんて言わないか?! フルネームで言っちゃったよ。「通販」? ・・・オンラインショッピング?
INOのオフィシャルサイトで売ってますので、よろしくね」

なにかの流れでは「このままそこ(フロア)に俺様飛び込んでいっちゃってもイイ?」と言い、
「俺様が飛んだらすごいよ?(重いと言っている)
 昔のこととか思い浮かんだ人は、まぁおいといてね。」

アラビアンの世界って話で衣装のこと。
「昔の幅のひろーいスボンみたいな・・・あ、これが判る人は年代ばれるよ?!」

「あと2曲ー」って、ロンリースターの前振り。
スシさん「光り輝く空の星を・・・・・あ、間違えた!
夜空に光り輝く、俺たちの孤独な星・・・ロンリースターーー!」

今回はひさびさにサイリュームがまかれました。

後方にいたので、今日も取ることはないだろうと思ってましたが(※)、思いのほか後ろまで沢山飛んできました!
(※管理人は参戦数のわりにサイリュームゲットは極端に少ないです。)
上手(タクヤくん)側からホイホイ、下手(スシさま)からホイホイ。
両側分で2本づつ計4本ゲット☆

最後はダッチくんがさくらの花を咲かせましょう! と言って、さくら☆

パーク長のドラム叩きのところでは、SHINGOさんに気づかってか、いつも中央で叩くところを、自分の上手立ち位置の場所で叩いていました。

そういえば今回はパーク長はほとんどしゃべってなかった??
ギタープレイでめっちゃ見せてましたので、話してないのはあまり気になりませんでした。
ギター回しセンターで1回。

セッション時、途中のギターソロを弾いてるスッシーさんにちょっと釘付けになりました。
ステージ全体はワイワイな感じだったんですけど、真剣にギターに向かっていた姿が印象的でした。

あとINOの本編中、どこかのタイミングで
タクヤくんがJETTERさんの限りなく口元に近いほっぺにチューしてたのをばっちりと目撃。

タクヤくんのバカーーー!!! と心ん中で瞬時に叫んでいました。(笑)

JETTERさんのツノが名古屋に続いて、先端が後ろに向いてしまって、より牛さんのようになっていました。
(名古屋でおかしくなり、京都ではちゃんと戻っていたのです。)

上野か、その前辺りからでしょうか?
シャイニングの振り付けで、クルクル~と体を1回転する振りが増えました。(♪孤独さえ抱きしめて~の部分)
他所のバンドさんでもこういう振り付けを見てましたが、
実際にやってみるとわりと楽しいかもです☆
クルクル~~~。^^

ちなみにSHINGOさんのサポートは今回限りって事でしたが、
ちゃんとSHINGOさん仕様で新しく仮面を作って被って登場してました。
デザインが少しパーク長デザインのを波打たせた感じの模様になってて、なおかつSHINGOさんの髪が赤いカラーになってたので、一瞬昔のパーク長を思わせたのでした。

転換時の違和感とは別にライブは自然と一体感出てたと思います。
熱く盛り上がったライブでした☆ 

タイトルとURLをコピーしました