2008年7月28日/川崎CLUB CITTA’

SUPER ROCK ‘08

・パーク長の気合い入れ
管理人は会場の一番後ろで見ることにしました。
場所が遠すぎて、気合い入れに気づいたのは、前でワ~っとなってたのが聞こえたから。

SE~幕が開くと同時にメンバー定位置に。

・夢幻航路

※特効/曲の開始と同時にステージ各所からバンと散る花火、
下からボッボッと吹き出る炎の演出。最初から飛ばして派手派手です!

・グルグルTONIGHT

私の隣は別バンドのファンさんでしたが、グルグルも率先して手を繋いでくれたり、ありがたかった~。
どうやら私の振り付けを見て、真似てくれてたみたいで、後ろで見てた私も多少はINOクルーとしての役目を果たせましたでしょうか?

※スッシーのMCは名古屋・大阪でもそうだったようですが、
ロックスターネタを語ってました。
だけども、楽屋裏ではさんざんダスターの面々にいじられてるって話から、
実はダスターのステージ開始時にノイジーとヒマワリに引きづり出されそうになって、慌てていました・・・と告白。
自分はそんなだったのに、一方でノイジーはINOが始まる直前までステージ袖ギリギリに座って見てたとか・・・この肝の大きさの違いがロックスターの質の違いかもしれない・・・と、ロックスターを目指すスッシー、いささか凹みトークになってゆきました。(笑)

スッシーのMCから続けて振られたジェッター「この会場にも沢山の星があります」とキラキラの手袋をはめた両手を掲げて・・・

・シャイニング

後ろの伸び伸びとした空間で、おもいっきりおっきく振り付けしまくってました。
一人大運動会。笑
シャイニングでクルクル~するとこも何も躊躇いらないので、楽に回れました。

ジェッターマイクが中央に出て話を始めると、会場のあちこちから
「マイクーーー!」って声援が上がってました。
その前の名古屋・大阪にも参加してたお客さんでしょうか。
その2日間は見られなかった管理人でしたが、その声援を聞いて、ジェッターさんのステージのがんばりを感じました。

・マイクマンのテーマ
(S・R・08、OH~~~スーパーロック)

※途中でサイリューム投下、スッシーもタクヤくんも、めちゃめちゃ遠投してくれてて、ミラクルでゲットなるかと妄想しながら、でもありえるハズがない程、やっぱり全然遠かったので、勝手に気持ちを受け取った気分に浸ってました。笑(思うの勝手)
終盤でパーンと会場を覆いながら舞う金・銀のテープ☆
イベントのトリをおおいに飾り付けてます。
サイリュームは届かなかったけど、金のテープはわずかでも私の手元にも届きました。^^

・さくら
いつもステージからお客さんに向けてるCO2噴射ですが、今日はステージ前面の各所に装置があって、
ステージに幕をかけるように、下から上へと噴射されてました。
CO2の幕が消えると、再びステージに姿を見せ、金色のボンボンがステージを踊ります。
メンバーの後ろでは再び、炎の演出も続けられました。
ラストに所狭しとステージを駆け巡るINOメンバー。

そのステージと同時にマイクマンのテーマで舞った金銀のテープを大量にそのまま手にして、
ステージのVo隊と同じように踊るフロアの多くのお客さん。金のテープがダッチ&ジェッターの持つ金のボンボンと同じ役割を果たしてます。
後ろで見てた私の視界に、フロアとステージの全部が映りました。
ステージの金のボンボンとフロアの金のテープが、金色のさくらのようで、とてもキレイな光景でした。

正直、ここ最近のただ暴れるだけのような「さくら」には食傷気味になってました。
でも今回のさくらは、激しくてキラキラしてて、自分も一緒に踊りながら、とても感動する内容でした。

ED
・・・と行きたいところだが、と、スッシーが先導してセッションに突入。

私もそのタイミングでセッション時のときだけ、前の空いてるスペースに駆け寄りました。

中央に出てくるジェッターマイク。
参加バンドを順番に呼びだします。
まず呼ばれたのはsamuraideadcityの面々。

ヒマワリが出てきたときに、ジェッターさんと身体の下の方で、手を力強くパシッと付き合わせていたのが、かっての”戦友”を思わせて、見てて気持ちがよかったです。
(あくまで管理人目線による)

ジェッターさんが引き続き各バンドさんを呼び、セッションを始めようとしますが、まだダスターが呼ばれていません。ヒマワリは居ますが、ノイジー&ユキの登場はまだでした。
なにかな事情で2人は出演できないのかな?帰ってしまったのかな??
そんなこともうっすら思っていると、会場もざわつきだして、ダスターは~~~??!って声を出します。

でもジェッターさん、気づいてません。
セッションの前振りを会場に向けてやりますが、会場の違う反応に対して、
「いきなり無茶ブリだったよね~~~」とか呑気に言ってます。
ちがう、ちがうよ、かめちゃん。って見てて焦る私。

タクヤくんもフロアに向けてバッテンを作ってるのですが、どうもフロアとステージの様子がピントずれてます。INOメンバ-全員が素で忘れてるらしい。

フロアのただならぬ様子にハッと気付いたタクヤ君が慌ててマイクさんに言って、ようやく2人を呼びにいく。

「影が薄くて悪かったですねーーー!」とノイジーが言って、マイクさんをどつきながら、ノイジー&ユキ登場。
ヒマワリも蹴り(ポーズ)を入れてる。

上手端っこに追いやられるINO面々(下手のスッシーは我知らぬ顔?)。
ヤンキーポーズのノイジーの前で土下座して平謝りのジェッターマイク。^^;

忘れた相手がノイジーで良かったのか、悪かったのか、それは知らない。(笑)
え~って呆気にとられた私は、口があんぐりするのを思わず手で覆ってかくしてました~。

仕切り直して・・・

セッション曲は「X(のX)」

侍のVOさんが、トシのコスプレしてメインボーカルを取ってました。
途中マイクさんもボーカルしてました。(きゅん)

スッシーとノイジーが2人並んで、ギターのネックを掲げて振り上げてる場面もあって、そんなの見たの、前回はそれこそ何時(いつ)?!みたいな感じにもなり。

ステージそこらそこらで色んなことが行われててすごい絵図でしたが、
わたしはほとんど、ジェッターさんを見てました。^^;
Xジャンプで大盛り上がりのラストセッションになりました。

最後の最後でタクヤくんを真ん中に全員が1列に並んでバンザイ!

お疲れ様~~~☆

+++

話は戻って、とにかくINOのステージは派手派手でした。
あえて一番後ろで見たのは、その距離の懐かしさもあってのことでした。
ステージのメンバーさんの顔を見るのはギリギリの場所でした。笑顔のステージを少々、犠牲にしたような感じでもありました。
でも、最後の最後で、ステージといろんなお客さんがいるフロアと、まとめて1つの素敵な絵が見られて、とても嬉しくなりました。
これがわたしの大好きなテーマパークです。

タイトルとURLをコピーしました