2009年1月17日/横浜 SUNPHONIX HALL

INO TOY SHOCK
出演者募集中!アナタのおもちゃもファイナルステージへ!!

(ゲスト) B/JET

<セットリスト>

パーク長の気合い入れ

OP SE

夢幻航路

グルグルTONIGHT

シャイニング
恋する宇宙人

R・M・D

マイクマンのテーマ
(A・Happy・Newyear(A/H/N)→Oh~Yeah!(イエー))

ロンリースター
(サイリューム投下あり)
※星を探したら、PAさんのとこから星が☆

NaMgAlSiPS

ED SE

※アンコールはなかったけど、ジェッターさんが出てきて挨拶してくれました☆
※どこかのMC中、ダッチ君VOでラウドネスのさわり
※セトリ順番はあやふやです。

※ゲストのJETさんも衛兵さん衣装でした♪
サポートありがとうございます☆
次もまたお願いします〜^^

+++

INOの出順はトリ。でもステージ開始時間が案外と早いみたい。
定時退社するしかなかったので、とにかく出来るだけ急いで会場に向かいました。
息を切らせながら到着するとまだ転換中だったみたいです。
ホっ、間に合った〜。
スタッフさんに今日は時間が巻いてるって教えてもらいました。
わー、急いできてよかった!
物販でスタンプを押してもらって、今日はツアーファイナルに参加させるオモチャも持参したので預けました。

そしてそのままどこで見ようかな?って思いつつ、まずは落ち着くために後ろに待機。
それより前にも空いてた場所があったけれど、あまりにも上手中心目線になるので、ウーン。
せっかく下手にまた新しくゲストさんが来ていることなどを考えたら、わたしはやっぱりステージ全部を見ていたいな〜。
あえて距離を開けて見るため、今回も後方位置での参加です。
最近すっかりそこが定位置になりつつあるなぁ。(笑)

おともだちクルーさんを見つけたので、少しおしゃべりしてると、ステージからパーク長の声がしました。
気合い入れ!
ちゃんとここから参加できてホントよかったー。

TOYツアーのSE〜ナレーションが流れ始めて、ステージの暗幕が開きます。
ステージでは下を向いて停止しているINO HEAD PARK。
ボーンボーンボーン・・・とこれまでよりも長く感じる12時の鐘が鳴り響いたあと、”オモチャ達”は起き上がって演奏開始!

TOYツアーでの夢幻航路は今回初なのでは!
11月、12月までとまたセットリストの内容が変わったことに最初から気がつきます。
夢幻航路で舟を漕いでると、後ろで見てるっていう距離を感じなくなります。
ステージと一緒☆ ^^

1曲目からまずはパーッとステージ全体を見渡して、目線はゲストのJETさんへ。
緊張してるのかなー。少し表情が硬い感じがします。
でも振付けも加えてとても一生懸命に演奏してくれてるのが伝わりました。
それを見て、ありがたいなぁ・・・と単純に思うわたし。
衛兵さんの青い衣装はJETさんにも似合ってますね☆

最初から参加できたことに満足しながら、1曲目が終わって、TOYツアーのジェスチャーで挨拶。
そしてグルグルへつなぐMCへ。
両隣ともまた知らないお隣さんでしたが、今回も気持ちよく繋いでもらえました☆

MCネタ1

SUSSYから「宇宙から来ました!」って紹介にて、JETさんの挨拶。
緊張気味だったJETさん、ここでだいぶ顔が和らいだ感じしました。

SUSSY、さっそくに言い出します。
「今回は隣がいやです!
彼は(JETさん)小顔で背が高くて、そのうえ足も長い!
それに比べて、俺はね、顔も・・・だし、足も・・・だし。」

スッシーの自虐モードがまた出ました。(笑)
苦笑なスッシー、フロアも失笑で応える。

SUSSY
「とはいえ、利点がないわけじゃない!
俺の顔は遠くまでよく見える顔だ!」

お。そうだ。悪いことばかりじゃないもんね!
なんて前向き発想なの!よいことだ☆ でも失笑なんだけど。(笑)

でも、だいじょーぶだったよー。
下手の俺、ゆずれん!とばかりに(←私の見た感じ)
スッシーさんはいつも以上に新年一発目のステージもバリバリ輝いておりました!
上手で見るわたしがそう思うんだから、間違いないっ☆

またSUSSYからちょっと被ってるけど、って感じでINOのJETTERさんも紹介。

やっぱり「JET」と「JETTER」が被るんだよネ・・・。
個人的にも少し困ったわ。^^;

自分の定位置の奥に引っ込んでたJETTERさん、のしのし言わす感じでセンターに煽り出てくる。
新年一発目〜!ってことで、Voマイクの音量がふりきれんばかりに声を張り上げて、めちゃめちゃ気合いの入った挨拶をしました。
今年はもっともっと楽しんでいくぞーーーーー!!!

気合い入り過ぎ?!
JETTERさん、勢いのままにステージからポンと飛び降りると、前の方のお客さん達に迫って行きます。
抱きしめてやるー!とか言いながら、前の子にガバッとして、チューといこうとしてたみたい。
とにかく前方は騒然となってます。
わたしが居た場所からすると、遠いとこで何か起きてる・・・遠いなぁ〜・・・と思ってその様子をぼんやり見てました。
遠くてよかったのか、”メラメラ”はしなかった。(笑)

JETTERさんからの曲紹介で流れるシャイニング☆
ちょっと久々で、ワーイってなった。
そして久々だからか、びみょーに振付けを忘れててアワアワする箇所があっちこっちなダメなわたし。
シャイニングの演奏から繋がってそのまま恋する宇宙人へ。
恋する宇宙人はMCとか入れない流れが合ってますね。
でも結構、踊るのに体力を消耗する曲でもあるとわたしは思うのだった。
ここで自分が息切れしたまま、ライブに突入したことも思いだす。

順番はあやふやなままですが、ステージはそのまま更に勢いづいてR・M・D。

再びセンターに戻ってくるJETTERさんで、マイクマンのテーマは
「あけましておめでとう〜」っていうことで、
A・Happy・Newyear(A/H/N)→Oh~Yeah!(イエー)
ってジェスチャーに決まりました。
イエーの部分でフロアはいまいち納得しきれず。
「きっとそんな反応だと思ったぜ!」ってキレてるJETTERさん。
とにかく元気よくやれ!って、
「さっき俺に抱きつかれたときの「イヤーーー!」を思いだせ!」とか。
そんなむちゃくちゃな。(笑)

マイクマンのテーマでストップの魔法をかけるとこ。
その前の瞬間、両手を上げてるスッシーのワキの下につい目が止まってしまって、なんかボーボーだわーとか地味に考えてると(オイ)、タクヤくんが片手を上げて、もう一方の手でワキの下を押さえるポーズで停止していて、ちょっとタイミング良すぎて噴いてしまった。
わたしが見てたものを見抜かれてしまった気分。。。^^;

MCネタ2

SUSSYからMCをふられたTAKUYAくん

「新年はじめまして・・・・・っ!?」

いきなり派手にボケかます。
全体が噴き出す中、ジェッターさんが大ウケして、両手で背中を押してツッコミ。

TAKUYA「今年初めてだから合ってるんだよ!」

うん、まぁ間違いじゃぁないよね。(笑)

「え?みなさんなんでそんなに大人しいの?
新年一発目なんだから、もっと元気じゃなきゃダメでしょ?!
イエー!!!」

マイクさんと同じくこちらも気合い入りまくりで、マイクの音量も最大に。
このやりとりが3回くらいくり返しで、大人しいフロアに少々ご立腹のパーク長。(笑)

わたしはパーク長の七不思議が未だ続いているのでわ・・・?と思ってみた。
(パーク長が話すとシンとしてしまう)
あくまで私の場合だけど・・・ドン引きとか、盛り下がってるんじゃぁなくて、一体何を話すんだろう〜・・・って思ってジ〜〜〜と聞いてしまいますね。
^^

スッシー「みなさんドン引きでしょ?」
タクヤ「ちょっとだめだめ、INO HEAD PARKでは「ドン引き」とかいう言葉は使っちゃいけないんです。そういうバンドじゃないの。(下ネタは)ダメ。」

そんなことを言いつつ、元気のない(?)皆さんも、もっと心を開いて!って話で進行していく。
スッシー「まさに禁断の扉を開けましょう的な・・・」
タクヤ「禁断の扉を開けましょう!
みなさん自分の前でこうしてみてください。(手を観音開きする)
それをね、こうして下の方にもっていって・・・」

ちょっと、むしろソレって下ネタでは〜?!
って思わずツッコミたくなっていると、

スッシー「タクヤさん、、、その方がマズいと思うよ! ^^;」

というフォローが入りました。ね〜。

ダメとなじってた自分がなぜか下ネタ絶好調のパーク長。爆
15日のネットラジオといい、今年はみんなどっか変だわ。(笑)

即興曲:エコノミーマーク(嘘)
スッシー「ダッチ、今年の豊富は?」
ダッチ「今年はっ、100%で元気よくいきます!!」
スッシー「え、去年まで100%じゃなかったの?!」
タクヤ「去年は途中までガソリンも高かったしね、遠征中とか節約してたんだよね。ダッチもエコノミーマークだったんだ?!」
ダッチ「え?はい!」←彼はわかってるのか?と不安になった。(笑)

エコノミーマーク〜〜〜!!!とダッチが一声叫んで、メタルな楽曲が突然始まる。
INOの新曲か?いや違う、きっと何かの楽曲だ。
→ラウドネスだった模様。

どんどん行け、もっと行けとノリノリなパーク長。
一方、下手では上手のタクヤくんを気にしつつ、「え?まだ行くの?まだ?」ってだんだん焦りの様子を見せて行くスッシー。
この対照的な絵面がおかしな演奏でした。(笑)

でも(ラウドネスを)歌うダッチくん、なかなかかっこよかった!

ロンリースターの前振り。
いつものごとくスッシーから、「あの星を見ろ!」と言われて指差す場所を探すフロア。
するとスッシーがさらにつづけて、「みんなよーく見て星を探すんだ!」
え?探す?
すると誰からか、「あー!」と後ろを向き出して指し示す。
後ろを向くと、PAさんから星を出してくれていました。そんな仕込み!(笑)

今回のロンリースターでもサイリューム投下☆
投げる本数は少なめな感じがしましたが、タクヤくんの遠投のおかげで私の居た場所にも届いて無事ゲット!
もう何本も貰ってるサイリュームだけど、その都度うれしいんですよね〜。
^^
遠くにいるときほど、こういうのは嬉しいもんです。
タクヤくんは今回(ココ最近?)、ピックの口投げをたくさんしていたのが気になりました。
口投げ流行ってるんでしょうか?^^

衣装のマントがひっかかりそうに危なげながらも、ギター回しも無事披露☆

ロンリースターでは上手に来てマイクさんと顔を見合わせながらギターを弾くスッシー。
今回も「バカ助」フェイスをやってました〜。^^

別の曲だったけど、スッシーがマイクさんのマイクヘッドをご利益のあるお地蔵さんみたく、ナデナデするのが謎でした。w
マイクさんがすりへっちゃうからヤメテ。って見てて思った。(笑)

MCネタ3

タクヤ「前回出したアルバムから2年・・・そろそろ次を・・・
2枚目のアルバムを・・・・・」

フロアのクルーはワ〜!って盛り上がります。

タクヤ「出そうかな〜〜〜と考えてます。」

あ〜〜〜ってテンションの下がるフロア。^^;
もう出ると決まったよ!って発表かと思えば、出そうと思います発表って!

スッシー「まだ出るかも決まってないんだよね〜。(笑)」

タクヤ「みんなの声が大きければ出すの決まるかもよ?!」

って、そこから?!

とりあえず今年はやるぞ〜〜〜!っていう気合いと意気込みだけは大きいINO HEAD PARKの面々でした。
相変わらずのマイペースだね。(笑)

今年一発目のラストはナナマガリで爽やかに締め!
中盤からはだいぶ場になごんできたJETさんもあわせて、みんなで今年もよろしくと最後の一礼で終わりました〜。

INOのステージが終わってまだ20時を回ったくらい。
時間はあるかな〜と思ってアンコールかけるも、会場側から終わりのアナウンス。
それでもチャチャチャコールを続けると、ラストにJETTERさんが姿を出して挨拶をしてくれました。

2009年最初のライブ。
お疲れ様でした〜〜〜。^▽^

今年もまた楽しい1年が期待できるステージでした☆

ダッチくんのMC

スッシー「ハートの奥には何があるの?」
ダッチ「ハートの奥には・・・血管ですっ!」
スッシー「・・・汗・・・じゃぁ血管の奥には?」
ダッチ「血管の奥は〜・・・コスモですっ!!」

ダッチのいうコスモは「小宇宙」と書くのだろう。(笑)

で、なにが「ハート」だったんだっけ?^^;

タイトルとURLをコピーしました