2009年1月31日/名古屋HeartLand Studio

INO TOY SHOCK
出演者募集中!アナタのおもちゃもファイナルステージへ!!

(ゲスト) B/JET

<セットリスト>

気合い入れ(魁(さきがけ)?)

SE

夢幻航路

グルグルTONIGHT

シャイニング
恋する宇宙人

R・M・D
マイクマンのテーマ
※名古屋の「N・G・Y→オ〜、コーチンコーチン!」

→コーチンネタから下手上手の人がどんどんアンダートークへと暴走。^^;

ロンリースター
(サイリューム投下あり)
※☆はどこだ〜?って探す途中、みんなの指が何故かスッシーへ。
スッシー「え?! 俺じゃねーよ!」
☆は物販裏の壁に光ってました。

NaMgAlSiPS

ED

EN:ラビリンス

※今頃だけど、ドナルドはダッチだったよ、って事で、ダッチとマイクさんがフュージョン!

※JET→JETTER→JETTIST?

+++

昨日のライブは熱かった〜。今日はいよいよワンマン前のラストライブ!
どーなるのかな?
心配した雨は無事に上がってくれました。
でもハートランド前には、いつの間にか巨大な立体駐車場が出来てしまってて、もともと風が強いのに、ビル風も併せて寒い〜〜〜。早く中に入れてくれ。

大阪はちょっと上手過ぎだったので、今日はもう少し真ん中がいいな☆
無事にほどよい場所に行けました。
後ろに下がったらもう少し視界よかったかな?と思うけど、ま、いいか〜。^^

気合い入れは今日もなんか変?
「さきがけ!」って言ってた???

SEからOP、そして夢幻航路が開始・・・!

なんか、なんか、演奏がしょっぱな走ってるような気が・・・?!
誰の演奏がというより、全員飛ばしまくり、走りまくり。
演奏もだけど、ステージの動きも少々荒め。

昨日の勢いのまま、今日に引っぱってる勢いかしら?!
今日のオモチャ達の夢幻航路はまるで、しぶきをあげながら、海上を滑走しているようでした。
(自分、これ、いい例えじゃない??? →どーでもいい)

追いつくだけで一生懸命になりながら、勢いでそのままグルグルへと突入。

あっという間に、シャイニングまで流れ込んでる感じがしましたー。

そういえば、最初のMCでは、INOの前のバンドさんが、
Vo無しの構成でギターさんがメタルな早弾きを披露していたのを受けて
スッシーが言う。

「Voが居ないなんて、INOでは考えられません!
そして、早弾きなんて、俺出来ないし!!」

わはは。判ってるけど(笑)、威張って言わないで〜。^^;
昨日コンタクトがなくて見えてなかったスッシー。
今日も?って思ってたけど、今日はメガネなくても視界良好っぽい?
コンタクト入れてる? どーにかして取り寄せたのかしら??

今日も大阪につづいてJETくんの「ジェット」なジェスチャー付き挨拶。
ジェッターさんも対決は続くぜ〜といって出てきます。

あっちが「JET」なら俺は「ER」が付くんだぜ。
そしたら、最上級がいます!って、上手のパーク長がなぜか「IST」役を名乗り出た。

下手「JET」→真ん中「JETTER」→上手「JETTIST」

JETTER「JETの三段活用だ〜〜〜☆」

・・・なんだそれ。^^;

スッシーからマイクさんの紹介で。

スッシー「俺ら、ずっとマイクさんのことを「ドナルド」だって言ってきたけど、よく見たら、ダッチの方がドナルドだって気がついたよ!」

自分の身なりを見つめるダッチくん。そして後ろのマイクさんを見る。

スッシー「ダッチ、どーするの?」

ダッチ「それじゃぁ〜〜〜、マイクさんとフュージョンします!」

なんかまた判んない展開になってきた・・・。
そう思ってるうちに、ジェッターさんが後ろからズンズン前へ出てきて、
ダッチにせまっていく。

あ、なんか、いやな迫り方だ〜〜〜。

いつかの悪夢を思い起こさせるように、ダッチとジェッターさんが
ギューと抱きしめ合ってる。
2人の顔も近づいていく。

いーーーーーやーーーーーーーー!!!!! ><

わたし、そんなステージに向かって、両手でバッテンして抗議を示す。

2人の顔はスレスレのとこで、パッと離れた。

・・・ほっ☆

悪夢の再来はなくて済みました〜。ヨカッタ。^^

するとジェッターさんが二人羽織のように、ダッチの背後にくっついて、
ダッチの両手を広げて操ります。

ジェッター「ダッチ、顔を下にして」

言われてダッチは頭を下げます。

ダッチの体をまとったようなジェッターさんが完成。

これがフュージョンなのかな?

フロアはなんとなく納得〜?な感じ。

ダッチくんはあんまりよく判っていないながらも、ま、OKって感じで?

そんな流れも入りつつ、とにかく今日の名古屋もまた熱い!!
R・M・Dもより激しい内容へと進んでいきました。

マイクマンのテーマでは、やっぱりいまひとつ納得ならぬ感じで、
名古屋コーチンネタで。

名古屋はダッチの地元ということで、そんなネタもありーの。
それよりコーチンネタから、なにやら、スッシーとタクヤくんで、いかがわしい方向に話が進んでいきました。
INOではそーいうネタは御法度じゃないんですかーーー。
ちなみにわたし、なんの話してるかいまひとつ意味が通じなかったのですわ。^^;
とにかくロクな話じゃないんだな!ってことだけは感じた。(笑)

マイクマンのテーマなのに、真ん中のマイクさんを置いてけぼりで
暴走していく上手と下手。とくにスッシーが壊れてる。

「いいんだよ!今日の俺はテンションがすごく高いんだ!」

って、テンションの高さでアンダートークも絶好調〜!みたいな?!

タクヤくん「え? いままでのスッシーはテンション高くなかったの? いつから高くなったの?」
スッシー「ん? おとといくらいから!」

そんなつい最近・・・。^^;

スッシーの暴走は、なぜかジェッターさんへも向かって行くことが多かった。
マイクマンのテーマで、魔法ストップなそのとき。

いろんなポーズで止まるメンバーが居る中、わたしはスッシーのポーズに注目した。
右手でコブシを作って、それがジェッターさんの頭部に向かって停止している。
ジェッターさんはそのスッシーにおそらく気がついてない。

ちょっとー!! 停止が解除されたとき、それをどーするのーーーーー?!

ほんとは魔法にかからなきゃなんだけど、わたしはその先を考えたらとても黙って見てられずに、スッシーに向かって、ヤメテー!!ヤメテー!!と1人でブーイングした。

ジェッター「ストップ解除!・・・おおっ!」

スッシーのコブシは案の定、そのままマイク頭部に向かって行ったのだった。

スッシーのばかぁー!!!

その後のどこかのタイミングでも、スッシーが指を鼻にもっていって、
それをそのままジェッターさんの体にグリグリとしていたり、きちゃない。

もースッシーのばかぁーーー!!!

ロンリースター。
昨日は☆がなかったけど、今日もやっぱり無いままだろうか?

どこを探せばよいのだろー?と思うままに、みんなが指を掲げてあちこちを探す。
なんとなくスッシーに注目がいって、みんなでスッシーを指さす。

スッシー「俺じゃねーよ!汗 ほらみんなもっとちゃんと探せー。」

と探すうちに、フロア下手側奥の方に設置あったINOの物販ブースの壁上に
ペタっていつの間にか☆が貼ってあったー。
その部分だけ、スポットライトが当たる。
無事に☆を見つけて、ロンリースター!

今日も近くで見たけど、無事にサイリュームをゲットすることが出来ました〜☆^^

実はINOの前バンドギターさんが、ギター回しも披露してみたりしていたんだけど、タクヤくんのギター回しを見ながら、あらためてタクヤくんのギター回しは華があって好きだな〜〜〜って感じつつ見てました。
(他バンドさんを比べちゃって申し訳ないんだけども。^^;)

大阪では見えなかったからか?、ロンリースターでの上手下手のポジションチェンジが無かったけども、名古屋では威勢よく上手にもチェンジしてギター演奏を披露するスッシー。
ジェッターさんとステージでワイワイする姿が、大阪と名古屋で全然違うな〜と感じた。

ラスト近くで、ツアーワンマン前にしてのパーク長タクヤくんの挨拶。

今日の名古屋のライブがすごく盛り上がって行えたことも合わせて、
いつもワンマン前のライブが名古屋の場になったり、いろいろ名古屋での縁を感じるって話をしてました。
そして今回のツアー、いろんなベーシストさんに協力をあおぐ形にもなりつつで、それでも無事に進んでこれたこと。

いろんな思いがタクヤくんにも巡ったのかもしれません。
途中、途中、目をうるませながら、声をつまらせながらに挨拶をしました。

そしてラストはナナマガリシップス。
ダッチくんが歌い出し前に話する。

「みんなの笑顔をずっと見ていたいから楽しく歌いつづけたいです!」

そんな感じのことを言った。
聞いた瞬間、キュンとしました。^^

ステージのオモチャ達は爽やかに航海を続け、

さらにアンコールでのラビリンス!

歌詞の通りに、一緒に歩いてゆこうって意味が深く伝わるステージングになっていました。

わたしは最後はほとんど、ジェッターさんばかりを目で追ってしまっていたので、そこまで目が届かなかったのだけれども。
フロントのみんなが笑顔で行く中、タクヤくんは泣いていたらしかった。

ステージ上で、感情を表に出してゆけるって、すごく素敵なことじゃないかな!
わたしはそう感じた。

昨日も聞いたジェッターさんの「楽しかったぞー!」という叫び声はより強くフロアに響き渡りました。

テンション高々だったスッシーも最高な笑顔を見せて手を振ってました。

最後はみんなワンマンに向けてで一人一人コメントしていき終了したのでした。

+++

日記にも書いたけど、本編ラスト近くで、スッシーのピックと、タクヤくんのピックが続けて自分のとこに飛んできたのはビックリしたな〜!
妄想だけど、勝手に気持ちを受け取った気分になれました☆ ^▽^

タイトルとURLをコピーしました